社名にもあります『はつり』は石やコンクリート等を削る・切る・壊すと言った作業全般を意味します。
『解体工事』と『斫り工事』の最大の違いは作業工程です。 

 

工事現場内の重機が入れないような狭いスペースで、コンクリートや石で作られた構造物を壊したり
表面を削って形を整えるなど難易度の高い作業をするのが『斫り工事』です。
繊細かつ高い技術力、長年かけて身につけるスキルが必要になります。

東邦斫りならではの『選別作業』

解体作業の技術プラスアルファの高度なスキルを要する『はつり工事』のスペシャリスト
東邦斫りだからこそできる取り組みの一つに『選別作業』があります。

解体によって発生する大量の廃棄物を丁寧に選別しながら作業する事で
廃棄物を最小限に減らし、資源物へ生まれ変わらせることが叶います。

丁寧に解体できる高い技術があるからこあるからこその独自の取り組みです。

処分費用もお得に

『選別作業』のもう一つのメリットは処分費用のコストカットです。
廃棄物を材質ごとに分別しながら、丁寧に作業することで
見積りに加算される処分費用をできる限り抑えることができます。

コストカットと環境保全を同時に叶えます!
斫り工事の専門家ならではの満足のいく解体工事をお約束いたします。